メルマガ【かえで通信】登録はコチラ
かえで通信メルマガ登録リンク
メルマガ登録はコチラ
かえで通信メルマガ登録リンク

ブログの記事タイトル:どんなタイトルに心惹かれる?

ブログの記事タイトル:どんなタイトルに心惹かれる? 記事作成関連

アフィリエイトをする上で

キーワード選定は、紹介したい案件が
決まった次にしっかり考える重要な過程です。

 
そして、

キーワードが決まった次は?

タイトル次第でクリックされるかどうかが決まる

言われてみると、当たり前のことなので
何を今さら…みたいに感じるかもしれませんが、

検索結果に表示される記事タイトル次第で
クリックされるかどうか決まりますよね。

何と言っても、検索結果には記事タイトルと
記事の概要(スニペット)しか表示されないのが
ほとんどのパターンなので、

記事タイトルは重要!

自分の記事を読んでもらえるかどうか
判断される境界線みたいなものが
見え隠れします。

どんなに調査して、すっごく詳しく書いても
冒頭文にキーワードの答えをしっかり書いても
どんなに画像や表を駆使して記事を書いても、

クリックされなければ、そのままです。

検索結果の1ページ目に表示される記事の
タイトルにキーワードが入っていない
サイトばかりなら、キーワードを入れれば
クリックされやすくなります。

でも、ズラリと狙ったキーワードが
入っている記事タイトルだらけなら?

タイトル作成にも工夫が必要!

記事タイトルの基本

記事タイトルを決める時の基本は、

  • 左端にキーワード
  • キーワードは順番通り全部入れる
  • タイトルは2文節 前半にキーワード

そして、ライバル記事が、ここまで同じなら?

タイトル後半で差別化する!

という工夫が必要です。

記事タイトルでロングテールは狙わない

ライバルが強い時は、2語3語の複合キーワード

そして

文章に散りばめた他の関連キーワードからの
アクセスを狙うロングテール作戦。

これらが有効です。

 
でも、記事タイトルにロングテールを狙って
あれもこれも書くのはNG!

口コミ 使い方 通販 販売店 解約
と何でもかんでもタイトルに入れません。

使うとしても、見出しに使います。

魅力的なタイトルって?

自分が何か調べものをしている時に

 どんなタイトルに心惹かれて
 思わずクリックしたか

思い出してください。

または、今すぐ何かを検索してみてください。

 
そして、自分なりの気になったタイトルを
エクセルなどで「解約」「販売店」など
訴求ごとにシートを作り、

そこに気になった記事タイトルをコピペして
リストを作ると良いです。

記事タイトルに迷った時は、それらから
ヒントをもらう感じです。

記事タイトルにキャッチフレーズは要らない

ついついやりがちなのが、記事タイトルに
キャッチフレーズのようなものを入れること。

【◯◯の販売店はどこ?魅惑的な白い歯を叶えるチャンス】

みたいな? ^^;

使いたいのなら、せめてそれが表示されている
LP内の画像をキャプチャして、それを活用した
アイキャッチ画像を作ると良いです。

使いたいのなら…。

記事タイトルは2文節にして、

  • 前半に狙ったキーワード
  • 後半に関連キーワード(共起語)

などを入れましょう。

ライバル記事のタイトルはどんな感じ?

例えば、解約訴求なら、

【◯◯の解約について調べました!気になる悪い口コミもご紹介】

という感じのタイトルの場合、
中には気になってクリックする人もいるかもだけど…

そもそも「解約」と「口コミ」ってキーワード的に
ベツモノですよね。

 
また 解約の場合でも

【◯◯の解約ってどうするの?購入前に確認したいこと!】

このパターンもよく見かけます。

でも、解約キーワードでこんな感じに
似たようなものがズラリと並んでいると、

パッと見は
どれもほぼ同じ記事?と見えてしまいます。

そもそも後から記事を書く場合、
同じようなタイトルにしちゃうと、
先に書かれた記事より上には行きにくいです。

Google的にも、同じタイトルだから
これ以上、同じのは要らないな…と、
ずっと何ページも先とか圏外に追いやられたまま
ということも考えられます。

 
記事タイトルを考える時は、ライバル記事の
タイトルも研究して差別化を図りましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました