メルマガ【かえで通信】登録はコチラ
かえで通信メルマガ登録リンク
メルマガ登録はコチラ
かえで通信メルマガ登録リンク

ASPアフィリをするなら新着案件!扱いやすく成果にも繋がりやすい

ASPアフィリの記事には新着案件がお勧め マインド・考え方

このブログでは、ASP案件を紹介する
ブログアフィリエイトについて
知っておきたいことをご紹介しています。

ASPを活用したSEOアフィリの場合、
まずは上位表示できそうな記事
どんどん書き貯めていくのが重要です。

テレビでよくコマーシャルしているからって
話題になっている商品の記事を書くと、
確かに上位表示されれば売れるかも

…だけど

まだブログを開設したばっかりで、
まだまだブログパワーが強くない時には、
人気商品の記事を書いても
残念ながら上位表示は厳しいです。

 

そういう記事ばっかり書いていると、
圏外のキーワードばかりとなってしまい
記事数の割りにブログはなかなか育たない。

 

となると、Googleから見ると、
低品質の記事ばかりのブログとみなされがち。

せっかく苦労して毎日記事を書いてきたのに、
悔しいですよね。

 

でも、実際にはそういうことも起こりえます。

そこで!

話題になっている商品の記事ばかりではなく、
まずは新着案件で記事を書いてみませんか?

 

今日は、

新着案件を扱うメリット・デメリットについてのお話です。

 

新着案件は何故お勧め?

新着案件のデメリットは、

一般的に新着案件は、
これから売れるかどうか全く分からないものが多い

ということが挙げられます。
海の物とも山の物ともつかぬ状態!

ということですね。

でも!

それだからこそ、
売れるかどうかも分からない案件には、
みんな手を出したがらないのです。

一生懸命書いても、結局売れない案件より、
やっぱり売れるのが分かっている案件を紹介したいですよね。

 

スモールキーワードで狙えば
初心者でも世間で売れてる案件だって
成果が狙えますから。

 

でも、まずは新着案件!

 

強いアフィリエイターほど
手を出しませんから挑戦しやすいのです。

 

何より、上位表示も狙えます!

 

先行者利益というメリット

その案件(キーワード)について
記事を書くのが早ければ早いほど有利です。

というのも、例えば極端な話、
公式サイトに書いてあることを簡単にリライトして
まとめた記事だとしても、

文字数の少ない記事だったとしても、

「オリジナリティのある記事」と、
Googleが認識してくれて、
上位表示しやすくなるからです。

 

先行者利益です♪

 

ある程度速さ勝負です。

 

なので、種まきのつもりで最初からビシッ!と
充実した記事を書かなくても、
文字数が少なくても良いので、
まずは記事を書いちゃいましょう!

 

何度もお伝えしていますが、ブログ記事は、
何度でも修正したり新たに書き加えたりも可能だからです。

 

紹介したい新着案件が見つかったら、まずは書いてみる!

2週間とか4週間くらい経ってアクセスが出てきたら
テコ入れしましょう♪

デメリットらしいデメリットはあまり無い

新着案件を扱うデメリットは、
やはり、売れるかどうか分からないので
記事を書いても日の目を見ないかも…という点。

とはいえ、あまりアクセスが無くても
早めに記事を書くことで上位表示できれば、
ブログパワーを底上げする記事になりますね♪

 

書いたことでダメージを受けることってほぼ無くて、
ここはやっぱり新着案件を記事にするメリットの方が多いです。

新着案件の見つけ方

新着案件の見つけ方は簡単です!

まず、手っ取り早いのは、

登録しているASPからのメールです。

記事を作成したい案件があれば、
キーワードは後から選定すれば良いので
すぐに提携申請をしましょう。

 

せっかく良さげなキーワードが見つかっても
提携がなかなか承認されず、
いつまでも記事が書けないということもあります。

 

そして、

ASPの管理画面で探す方法です。

ASPによっては新着案件が分かりやすいところに
(A8.netとかafbなど)表示されているので、
チェックしてみましょう!

 

後は、ASPによってはチャットワークで
新着案件を随時教えてくれるところもあります。

 

作りたい案件を見つけたら、即・提携申請!

ASPからのメールで新着のお知らせが来たら、
まずはチェックして、LPを確認して

この案件は作りたい!と感じたらすぐに提携申請♪

提携ができたら、エクセルなどで作成予定案件ということで、

  • ASP名
  • 案件名
  • 販売額
  • 報酬額
  • 備考

などをメモして、次々と作成していきましょう♪

 

タイトルとURLをコピーしました