メルマガ【かえで通信】登録はコチラ
かえで通信メルマガ登録リンク
メルマガ登録はコチラ
かえで通信メルマガ登録リンク

ブログ記事を業者目線で書いてない?※アフィリエイターの立ち位置

ブログ記事を業者目線で書いてない? マインド・考え方

今回は、物販アフィリエイトをする時、
広告主さんのLPを見ながら書いてると

ついつい業者目線の記事に
なりがちだから注意したい

というお話です。

業者目線の記事

あなたが何か購入しようとして
あちこちのブログを見て周り、
欲しい情報を探している時に、

  • なんかうっとうしいなぁ~
  • これってメーカーが書いてるの?
  • 褒めてばっかりでうさんくさい…
  • お得お得…って本当にお得なの?

とか感じたことは無いですか?

 
よく出される「例え」にあるように、

お店に入って商品を手にした途端に
いつの間にか背後に回っていた店員さんに
やたらと勧められて閉口しちゃう

本当は、ゆっくり見たかったけど
うっとうしいから、お店を出ちゃった…

そんな感じ?

 
自分が購入者の立場なら感じる違和感も

何故か自分が紹介する側に立った途端に
まるで販売業者の回し者的な文章を書いて

しかも、

そのことに気が付かない痛い記事になりがちです。

例えば、一般的には1ヶ月ごとに配送する
定期便だけど、2回目からは2ヶ月分ずつ
配送するシステムの定期便の紹介の時、

販売ページを見ながら書いていると

うっかり

「2回目からは2ヶ月分ずつ配送します。」

と書いちゃう人もいますが、

そうじゃなく

2回目からは2ヶ月分ずつお届けしてくれます。

ということは2ヶ月に1回の受取りになるから
受け取る私達としても気分的にも楽ですね♪

これなら、伝えたい内容としては同じでも、

【同じ購入する側の立場の人】

という感じになりませんか?

 
購入しようか迷ってる人からすると、
同じ目線での内容だと安心します。

アフィリエイターは業者と購入者の間
という立場ですが、

どちらかというと、購入者側の立場での
発言の方が購入の後押しに繋がります。

お得お得のオンパレード

そして、広告主さんの販売ページで
よく見かける「お得」という言葉。

 
確かに、お得って言葉は魅力があります♪

私も大好きです。笑

でも、記事内にやたらと

お得になっています。

って書かれていたら、どうでしょうか?

そもそもお得の感覚って人によって
かなり違いますよね。

先日、興味深いニュースを読みました。

 
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

今回は「価格と価値」についてのお話です。まずは、クイズから考えてみましょう。

Q. ある高級スーパーでは、1杯500円の高級ジュースが売られています。そのジュースがある日、セールで300円で売られていたので、あなたは買って飲みました。しかし、次の日200円に値下がりしていました。このとき、あなたは得をしたのでしょうか、損をしたのでしょうか?

学生にこのクイズを出題すると、いろんな答えが返ってきます。
「200円得をした」
「違うよ、さらに値下がりしたんだから100円損をした」
「いや、飲んだときは300円で売られていて、それを300円で買ったのだから、損も得もしていないはずだ」
このように議論が紛糾するのですが、次の質問を投げかけると皆さん我にかえります。

「このジュースはおいしかったのでしょうか?」

価格にとらわれるあまり、誰も味については考えていなかったのです。

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*::: 原文ママ
 

ヤフーニュースより引用

(2022年3月27日)

そうなんですよね。

勿論、これも色々な考え方がありますが

お得かどうかの判断は、値段だけじゃない

という考え方も出来ますよね。

例え高額でも、それで自分の悩みが
解決するサプリならお得だけど、

全く効果がない、気休めサプリなら
どんなに安くても買って損をした…
と、考えるかもしれません。

例えば、

いつも行くスーパーの
いつも買っているお肉とか野菜が
いつもより安いのなら、確かにお得です。

でも「お得」に関する感覚って
いわゆる、コスパから見た価値観
ということも多いです。

特に、インターネット上の物販のときは
注意が必要かもしれません。

それらを無視して、単純に

価格が安いからお得!

とは言い切れないですよね。

販売業者としては、

これだけのすごい成分を使っているのにも
関わらずこんなに安くしました!

お得になってますよ~!

と言いたくなるのは当然です。
それだけ企業努力した結果ですから。

もちろん、価格訴求のキーワードで
記事を書く時は低価格アピールは必須ですが

効果とかのキーワードなら、
価格よりも、ベネフィット!

価格だけで「お得!」と記事に書くよりも

この商品を使うと、これだけ良いことがある
そういう視点で記事を書くと
興味をもってもらいやすくなるかもしれません。

くれぐれも、販売ページの劣化版的な
言い回しの記事にならないように
注意してくださいね。

あとがき

さっき紹介したヤフーニュース2ページ目にも
良いこと言うな~という部分がありました♪

ワインスクールの体験講座に参加した時、
年末年始とかに、よく特番を組む
【芸能人◯◯チェック】を観ての質問

「高いワインと安いワインはそんなに味が違うんですか? スクールに通うとそれが見分けられるようになるんですか?」

に対するワインスクールの先生の回答です。

 
:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

1本10万円のワインは、いいワインです。いいところを100個も200個も持っています。1本1,000円のワインだって、いいワインです。いいところをいくつか持っています。1,000円のワインがおいしいと感じる人は、味がわからない人ではありません。その逆です。いいところに気付くことのできる幸せな人です。おいしいかどうかは価格が決めるのではなく、あなたが決めればいいのです。

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::
 

とっても素敵な回答ですね♪

 

タイトルとURLをコピーしました